初心者がプロのようなホームページを作るための3つの方法

メインの記事を工夫する

ホームページのメインになるのが文章記事なので、まずその点を工夫する必要があります。内容は価値のあるものに、それを長文で迫力を演出します。これによって、『この記事は他とは違う』という差別化ができるので、意識して取り入れることが必須になります。また、長文では見づらくなってしまうので、空行や改行を何度も入れ、見やすさを提供しましょう。見やすければ最後まで読んでもらえ、さらに『良いホームページ』だと思われます。

初期設定を自分で変更する

ホームページを構築した際、初期設定のままでは平凡なものになり、プロのようなものからかけ離れてしまいます。だから、初期設定されているものすべてに目を通し、必要ないものは解除してしまいましょう。特に、テンプレートとして適用されているホームページデザインは、自分の趣味や文章内容に合わせて変更することが大切です。明るいものから暗いもの、派手なものからシンプルなものまで揃っているので、一通り適用してから決めると良いでしょう。

画像や写真を利用する

文章記事ばかりのホームページでは飽きられてしまい、良いホームページを演出することができません。そこで、内容に合う画像や写真を挿入すると良いでしょう。自分にとって良いと思うホームページを見つけ、そこでどう画像や写真が使われているかを参考にするがオススメです。また、適当な画像や写真ではなく、自分なりにこだわり、それを利用することが大切になります。他にはないものを使用するだけで、『このホームページは他とは違うな』と思わせることができます。

ホームページ制作のコツを習得したい時には、プロが在籍しているIT関連企業に相談を持ち掛けることが大事です。