インターネット社会では必須!?誹謗中傷対策について

誹謗中傷対策、あなたは考えたことがありますか?

誹謗中傷という言葉は、なんとなく聞いたことがある方は多いと思います。「誹謗中傷」という用語の「誹謗」とは、根拠のない悪口や悪評などで他人を貶めたり、名誉を汚したりすることをいいます。「中傷」とは、根拠のない悪口や嫌がらせなどをいうことを意味します。スマホが普及し、インターネットがもはや生活の一部となった現代社会においては、その範囲や伝達速度が圧倒的に速いインターネット上での誹謗中傷の危険性に常にさらせれていることを意識しなければなりません。

どういったことに気をつければ良いの?

インターネットの誹謗中傷は、運が悪いとあっという間に日本全国に、下手をすると世界に広がってしまいます。そして、それをインターネットから完全に抹消することは、不可能といってよいでしょう。そのため、インターネット上での誹謗中傷対策としては、それが拡散する間に対策を講じ、芽を早いうちから摘んでしまうことが重要です。さらに言えば、そもそもインターネット上にそういった誹謗中傷が書かれてしまうような状況に陥ることを避けることがベストといえます。具体的には、トラブルが起きそうな人間とは最初から付き合いを避けたり、最小限にするなどといった日常生活での注意が効果的です。

実際に巻き込まれてしまったら?

インターネット上での誹謗中傷問題には、それに最初から巻き込まれないようにすることが最も望ましいのですが、その上で、残念ながら巻き込まれてしまった場合はどうすればよいでしょうか。その対策としては、とにかく早いうちから、弁護士などの法律の専門家に相談することが最善といえます。個人で誹謗中傷を行っている相手方と交渉をしていると、相手を逆上させてかえって誹謗中傷を広げてしまったりする恐れなどがあります。弁護士であれば、名誉棄損や侮辱罪などの観点から、相手方と法律的な側面から交渉をすることができるため、相手方への効果的な牽制となることが期待できます。

ネット上で誹謗や中傷をされて困っているという時には、誹謗中傷対策を行っているプロに依頼をすることです。書き込みをした犯人を見つけることもできます。