インターネットによる誹謗中傷

インターネットによる被害

インターネットが世の中に普及した事によって、便利になった反面、誹謗中傷などで被害を受ける事も増えました。誰でも簡単に書き込め、誰でも見られる事から少しの批判や間違った情報でも多くの人に知られてしまいます。ネット誹謗中傷は、匿名であり顔が見えないからこそ生まれる害であります。直接言葉で会話をしている中では絶対に出てこない様な言葉を書き込む事によって、それを見た人の解釈の違いによって大きくとらえ方が変わってしまうので注意が必要です。

損害賠償や名誉毀損の可能性もある

ネットに書き込まれた内容によって、刑事告訴に発展して名誉毀損や損害賠償の対象になる事もあります。個人に対して批判した内容を書き込んだことによって、相手側が不快な思いをしたり、脅迫だと感じてしまえばそれだけで事件として成立してしまいます。またお店の批判や指摘をした事が、相手側にとって誹謗中傷されたと感じたのであれば、営業妨害になる可能性もあり損害賠償の対象になる可能性もあります。書かれた内容を相手がどう受け取るかによって、その内容の意味は大きく変わってしまいます。

匿名だから安心は間違い

芸能人などがネットで批判しあったりして、白熱する事も増えていますが、名前がオープンになった状態でやり取りしている以上、過激すぎる発言や批判にも注意してやり取りされている様子がうかがえます。一般の人たちがネットの中で批判をしあったりすると、誰も見ていないだろうからと発言の内容が過激になる可能性があります。一度送信してしまった内容を取り消す事ができないため、それが証拠となり告発される可能性もあるので、行き過ぎた発言には注意し、間違った内容には誠意をもって謝る事も大切です。

近年、スマートフォンを身近に使用できる事から、若年層のインターネット利用率が増加しています。些細な事からネット誹謗中傷までされるという事件が年々増加しています。